子供たちが輝く市政を目指します



3月9日 平成28年度3月 本会議一般質問に登壇

 

  • ●不登校の小・中学校への学習支援が急務質問では、文部科学省が始動要録で、家庭でのICT(情報通信技術)を活用した隔週活動について、一定の要件を満たした場合に出席扱いとする通知をだしていると指摘。その上で、名古屋市で不登校児童などへの学習支援にICTを活用すべきと主張しました。
  • ●認知症高齢者グループホーム移住費助成について
  • 29年度からグループホーム入居費の軽減が始まるが、対象の要件をどのような考えに基づいて決めたのかと質問。
  • ●答弁:認知症高齢者グループホームは、要介護1及び2の方の受け入れ先のひとつとなっています。同施設には低所得に対する居住費の補助制度がないことから、居住費の助成を実施致します。
  • ●居住費助成については、多くの方が対象になるよう補助制度の要件を基本として、住民税非課税世帯のうち第2段階までの方(年収80万未満)と設定致しました。