子供たちが輝く市政を目指します


9月15日 敬老パスをIC化 円滑な交付作業を要望

  • 市交通局に対しICカードの円滑な交付作業を要請する党市議団

  • ●名古屋市は、毎年度9月から、地下鉄や市バスなどで65歳以上が無料乗車できる「敬老パス」のICカードへの切り替えを始めました。
    推進した公明党名古屋市議団はこのほど、ICカードを交付される方々より喜びの声を聞きました。

  • ●敬老パス所持者はこれまで磁気カードを定期券入れなどから取り出し地下鉄駅などの改札機に通す必要があったが、ICカードへの切り替えによって改札機カードをタッチするだけで済みます。

  • ●切り替え時期は利用者の誕生日によって異なり、9月1日と来年3月1日の2段階に分かれています。
    ただ現在は、大量のICカードの発送作業に時間が掛かり、申し込みをした方に届くまでに3週間程度を要するため、一部で交付が遅れているケースも発生。

  • ●こうした事態に対して、党市議団は9月15日、市交通局に「円滑に交付作業を進め、早く利用者に届いてほしい」と要請しました。
    市側は「現在、約2週間で届くように調整している」と述べるとともに、次の切り替えに向け工夫していく考えを示しました。